バストアップ完全攻略!
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
記事
<< 肌断食、その後 | main | 授乳中のバストアップ >>
産後のバストアップ

産後3ヶ月をすぎ、体重がまた減りました。

50.8kg。あと2キロで妊娠前に戻ります。

とくに何かしているわけではないのですが、じわじわと減っていってます。

 

今日はバストのことについて書こうと思います。

このブログを見にきてくださる方はママがかなり多いと思います。

産後、授乳によってバストがしぼんで下垂するというお悩みをいくつもうかがいました(Q&Aを行っていた時期)。

 

しかし、そのたびに私はこう答えていました。

経験がないので確かなことは申し上げられませんが・・・と。

そのため、もし妊娠出産という機会に恵まれたならば、きっと産後のバストアップについて研究しよう、と心に決めていました。

 

出産から3ヶ月を経て、2ヶ月以上完母で育てている私ですが、

まず、「産後におっぱいがしぼむ」ということの意味がわかりました。

感覚的には、生理が終わった時のバストの状態に似ています。

生理前にパーンと張ったおっぱいは、生理が終わったらしょんぼりしますよね。

 

つまり、排卵後に女性ホルモンの分泌がさかんになると、バストが張って、月経開始とともに女性ホルモンの分泌が減ると、バストがしぼむ。そのため、産後のバストも女性ホルモンを補うことで、しぼんだバストの張りが少しはましになるかもしれませんね。

これにはバストアップサプリが一番合理的だと思うのですが、授乳中に五大栄養素以外のサプリメントの摂取は控えたいので悩みどころ。

 

それから、マッサージも効果があると思います。

産後すぐよりは戻ってきたとはいえ、妊娠前に比べれば全身がぼんやりとたるんでいますが、

これは逆に張りがあるよりもマッサージの効果が現れやすいのです(20代のときに通った某大手西欧系のエステサロンで、若い人よりある程度たるんだ年配者のほうがマッサージの効果があると言われたのが根拠です)。

 

私が現在取り組んでいるのは、大豆製品の摂取とお風呂上がりのマッサージです。

 

しかし、大豆製品を摂取しすぎると赤ちゃんのうんちが緑がかってしまうんですよね。

朝昼納豆を食べて、夜に豆腐料理(お鍋など)をしたりすると、もう緑。カタツムリみたい。

 

マッサージは気休めかと思いきや、バストはまだ追いついていませんが

だるだるだったヒップとウエストのカーブがなめらかになってきました。

一番の目安はデブ嫌いの夫の反応。

妊娠でお腹が出てきた頃から私の裸を汚いものを見るかのように目をそむけてきた夫が、

最近お風呂をのぞいてくるようになりました。

失敬なほどのわかりやすさに呆れますが、効果があるという証拠です。

 

赤ちゃんに影響なく女性ホルモンを増やす方法はないものか。

それが産後のバストアップの決めてかもしれません。

 

あと、運動は、おっくうでまだやっていません・・・。

必要だと思います。こちらで何度か話したことがありますが、3児の母(2児だったかな?)の方でバストが一切垂れていないという方がいて、その方は水泳をしていたんですって。

私は情けないことに泳げないので、別の方法でエクササイズするしかありませんが、赤ちゃんが1歳頃になったらベビースイミングに行ってみようかと思っています。

 

とりあえず今日はここまでです。

また次回!

 

JUGEMテーマ:産後のバストアップ

 

 

(バストのもとになる女性ホルモンを増やすサプリ)

 

プエラリアにカルシウムプラス

プエラリアにカルシウムが入ってるという今までになかった?発想。

産後の女性にはかなりうれしいサプリ。22,680円。

 

プレミアムグラマー

私が停滞期に飲んでたプエラリアのパワーアップ版。2.5倍って大丈夫なんだろうか?

3箱買うと1箱無料サービスで1日あたり50円を切る価格。いつなくなるかわからない期間限定商品。